生活習慣を見直そう|人生を全うするには血圧を下げるのが先決|食事を配慮

人生を全うするには血圧を下げるのが先決|食事を配慮

生活習慣を見直そう

料理

原因は塩分過多

高血圧の原因として塩分の摂り過ぎというのがあります。日本人は塩分摂取が比較的多く、減塩を推奨する声も大きくなっています。例えば大好きな人も多いラーメン。完食すると一日当たりの塩分摂取量をとうに超えてしまいます。おいしい食事は元気の源とはいえ、高血圧を放っておくと脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病などの病気を引き起こす原因となります。血圧を下げるには減塩が必要です。また、同時に動物性脂肪や高カロリーの食事といったものも控える必要があります。動物性脂肪を多く摂りすぎると動脈硬化などの生活習慣病へのリスクが高まりますし、高カロリーの食事も肥満への原因になります。肥満は高血圧を招きやすいのでできるだけ控えることを心がけましょう。

美味しく食べて改善へ

血圧を下げるには日々の生活習慣が大切です。「今日だけがんばる」では意味がありません。ですがひたすら我慢ばかりするのも容易ではありませんね。そこで楽しく食事をするために、血圧を下げるのに有効な食材を積極的に取り入れてみましょう。例えば余分な塩分を排出してくれるカリウムという成分ですが、これはキュウリ・ナス・トマト・かぼちゃ・さつまいもなどに多く含まれます。特にトマトにはリコピンという成分があり、強い抗酸化作用で動脈硬化防止に効果的です。また、納豆や豆腐などの大豆製品は低カロリーな上に血圧を下げる働きのあるミネラルを多く含んでいるので是非取り入れたい食材です。クエン酸も血液をサラサラにしてくれるのでおすすめです。クエン酸と言えば酢ですが、手軽な取り入れ方としてはレモンやミカンなどの柑橘類を料理の仕上げに加えてみるなどすると、減塩でもしっかりとした味わいになりますので試してみてください。